中国語の翻訳業者はクオリティーの意味でメリットが大きい

世界の人々

翻訳家を肩書にしている人々のこと

人々のシルエット

在宅で(←ここ重要です)中国語翻訳の仕事をしている人々は、最初から中国語翻訳の仕事ができたわけではありません。どんな職業にも必ず積み重ねがあるように、翻訳にもまた段階があります。
中国語翻訳家を志した人はまず一般企業に就職します。翻訳がいきなり出来る部署ではなく、英語に何らかの形で携われるような所です。それでもやはり英語を訳す仕事があった方がいいのです。それが実務経験ということになりますから。ジャンルとしては医療系やIT関連、マーケティングが多いですかね。
そこである程度経験や知識を積んだのち、翻訳求人サイトに会員登録します。ここは結構有名どころで、平日は毎日のように求人が追加されます。実際に在宅で翻訳の仕事がやってみたいとなれば、オンサイトでの実務経験がある人はかなり仕事をもらいやすいです。翻訳の求人では未経験者OKの物もありますが、経験がない人はどうしても経験者より劣ります。
また、翻訳の求人にいざ応募したとしてもいきなり中国語翻訳をさせてもらえるわけではなく、まずトライアル翻訳の提出を促されます。そのトライアルで一旦自分の訳を先方にチェックしてもらい、合格すれば翻訳家としての第一歩を踏み出すことができるのです。今在宅で翻訳家として活躍している人々は、大体一般企業で経験を積み重ねてトライアルにもパスした人が殆どです。やはりある程度の経験は必要です。

LATEST RECENT

翻訳家を目指すには留学は必須なのか?

世界地図を持つ人

翻訳家を目指すときにはどんな経験が必要なのでしょうか。たとえば、その言語の使う国への留学経験は必須なのでしょうか?特殊言語は日本で学ぶことが難しい場合もあるので、留学という手段を選んで、外国で語学を学ぶ人は少なくありません。しかし、英語や中国語といった場合は、日本でも学ぶことは可能です。必ずしも留学が必須…

翻訳家を肩書にしている人々のこと

人々のシルエット

在宅で(←ここ重要です)中国語翻訳の仕事をしている人々は、最初から中国語翻訳の仕事ができたわけではありません。どんな職業にも必ず積み重ねがあるように、翻訳にもまた段階があります。中国語翻訳家を志した人はまず一般企業に就職します。翻訳がいきなり出来る部署ではなく、英語に何らかの形で携われるような所です。それ…

専門業者を得意分野で選ぶ

並んだ本

一部の専門会社では、中国語翻訳に関するサービスを提供しています。その会社のメリットですが、読みやすい文章を作成してくれる事です。もちろん文章も正確なので、ビジネスマンの方々がそれを活用するケースが多いです。ところで翻訳サービスを利用するとなると、実は得意分野が1つのポイントになります。それぞれの業者により、得意な…

翻訳家の仕事の範囲

本と星

翻訳家の大変なところ。それは仕事の範囲に関することが一つの問題でもあります。翻訳家の所属する会社の中には、依頼の原稿を渡されて、それを翻訳してくるだけというところもあります。そもそもこれが一番標準的な仕事の範囲であると言えるかもしれません。そしてそのあとの文章の推敲、校正などの作業はそれぞれ専門の人が担当して行う…

CONTENTS